MENU
非開催
06/13
開門時間 --:--

レース展望

一般

ミッドナイトボートレース下関 2nd 日本モーターボート選手会会長杯

526
27
28
29

当地はドル箱水面の重成一人

当地でG1制覇歴もある重成一人がV候補の筆頭。杉山正樹、市橋卓士、地元の原田篤志ら主力陣の層は厚い
4日間短期決戦で男女混合の「ミッドナイトボートレース下関2nd日本モーターボート選手会会長杯」はV候補が多数参戦の混戦シリーズだが、当地のG1戦覇者でもあり、近況も好走が多い重成一人(香川)を一番手に指名する。G1戦制覇は2011年の57周年記念で白井英治や瓜生正義らを撃破したが、2022年には当地一般戦を連続優勝。2023年は連続準優勝と来れば必ず主役を務めており、一般戦限定なら4節連続優出中という相性の良さを誇る。
杉山正樹(愛知)はいまだにG1戦制覇がないのはボート界の七不思議とまで言われる実力者。市橋卓士(徳島)は2020年の当地メモリアルでSG戦優出した好相性の水面。出畑孝典(福岡)は当地で5回の優勝実績を持つ。若林将(東京)は今年すでに優勝2回とリズムが抜群。この4人はモーター抽選で優位に立てば重成から主役を奪う可能性も十分ある。
地元で迎え撃つのは原田篤志(山口)と末永祐輝(山口)。元選手会長の上瀧和則(佐賀)はピット離れ勝負で進入からレースを盛り上げる。
女子では落合直子(大阪)、鎌倉涼(大阪)の大阪コンビが男子相手でも一歩も引かないレース運びでV戦線に絡んでくるかも。成長著しいフレッシュルーキー野田彩加(山口)の走りも楽しみだ。
主な出場選手
  • A1/3908(香川)

    重成  一人

  • A1/4084(愛知)

    杉山  正樹

  • A1/4064(山口)

    原田  篤志

  • A1/4063(徳島)

    市橋  卓士

  • A1/4335(東京)

    若林   将

  • A1/4079(福岡)

    出畑  孝典

現役復帰の元選手会長はインの鬼

ピックアップ
選手

A2/3307(佐賀)

上瀧  和則

SG4冠、G1戦は17勝。トップクラスの実績を持ちながら、まだ現役バリバリだった2011年3月に選手会副会長に就任、2012年6月から2022年6月まで5期10年間もの長きにわたって選手会の会長を務めた。これまでは野中和夫や黒明良光らトップレーサーが引退同様に会長を務めてきたが、上瀧は走る選手会長をめざし実行。その心意気は瓜生正義現選手会長にしっかり受け継がれている。
実質的に9年間のブランクがありながら、現役復帰したのは2020年5月の当地。復帰2期目にはA2級へ、4期目にはA1級にも返り咲き、いよいよSGやG1戦線にも戻ってくるのか…と思われた矢先に体調を崩してしまい、3カ月の欠場を強いられて出走回数不足でB1級へ降格。それ以降は体に負担がかからないよう、細心の注意を払いながらレースに参加している。
前期も出走回数が90走に届かず、7月からもA2級ではあるが、勝率は6.28とA1級のボーダーはクリアしていた。4月の地元唐津ではピット離れを駆使してのオールイン戦で、復帰後3回目となる優勝を飾ったばかり。今節もピット離れから見せ場をつくり、V争いにも絡みそうだ。

全国過去3節成績

開催期間
競走タイトル
ボートレース場 節間成績
2024/05/03~2024/05/08
日本財団会長杯ゴールデンウイーク唐津特選
からつ 15135635
2024/04/27~2024/04/30
ミッドナイトボートレース in大村1st
大 村 3311414
2024/04/17~2024/04/21
第14回領巾振山つつじカップ
からつ 1131531

下関過去3節成績

開催期間
競走タイトル
節間成績
2024/02/26~2024/03/01
ニッカン・コム杯
413
2021/10/20~2021/10/25
ミッドナイトボートレース トランスワードトロフィー
226265626
2021/07/12~2021/07/18
スポーツ報知杯 準優進出バトル
12213123111

赤字は優勝戦

2024/05/25 現在のデータ