非開催
04/24
開門時間--:--
本場内 外向オラレ
  • 発売なし
  • GⅢ 戸田
  • 一般 三国
  • 一般 芦屋
  • 一般 江戸川
  • 一般
  • 一般 びわこ
  • 一般 児島
  • 一般 多摩川
  • 一般 住之江
  • 一般 大村

レース展望

一般

巌流本舗杯

211
12
13
14

大峯豊が2年半ぶりの地元Vへ

地元大峯豊のVチャンス。伸びペラで活躍中の菅章哉と一騎打ちムード。香川素子筆頭に女子も魅力の顔ぶれ
4日間短期決戦で男女混合戦の「巌流本舗杯」は2021年8月以来、2年半ぶりの地元優勝をめざす大峯豊(山口)がぶっちぎりの主役候補。昨年は当地を2節しか走っていないが、11月の節では予選トップ通過を果たしながら、準優勝戦で強烈な前付け選手と同じレースになり、インから持たせることができずに優出を逃した。今回はそのリベンジも含め、地元代表として負けられない戦いになる。
その大峯に最大のライバルとなるのが菅章哉(徳島)。ご存じ、伸びペラのスペシャリストで今年も走り初めの若松で優勝したばかり。当地は初優勝を6コースまくりで決めた思い出の水面でもある。
鈴木博(埼玉)、中村尊(埼玉)、芝田浩治(兵庫)らの安定勢力に加えて、今期は7点勝率で突っ走る中亮太(福岡)、A1級復帰をめざす新田泰章(広島)、復活が待たれる村松修二(広島)、近況優出ラッシュの林祐介(岡山)らもV戦線をにぎわす存在。
9人参戦する女子レーサーは男女混合戦にもめっぽう強い香川素子(滋賀)を筆頭に、昨年11月に平和島の男女混合戦で初優勝を飾ったばかりの深尾巴恵(群馬)、宮地元輝の弟子で成長著しい小芦るり華(佐賀)、スタートを武器に初のA2級昇格を決めた野田部宏子(福岡)、地元からは佐々木裕美(山口)ら、楽しみな選手が非常に多い。
主な出場選手
  • A1/4237(山口)

    大峯  豊

  • A1/4571(徳島)

    菅  章哉

  • A1/3412(埼玉)

    鈴木  博

  • A1/4090(埼玉)

    中村  尊

  • A1/3900(滋賀)

    香川 素子

  • A2/5029(福岡)

    中  亮太

今年は一般戦の鬼と化す

ピックアップ
選手
A1/4571(徳島) 菅  章哉
昨年、一昨年と2年連続でオールスターに出場の人気者。伸びペラを武器に、ファンの夢を乗せてまくり勝負に出るレーススタイルで、常に舟券も売れている。
昨年はG1レースでも活躍が目立ち、6月の蒲郡周年優勝戦では、あの峰竜太もマークに出たほど。9月には三国、唐津と周年で連続優出し、G1初制覇も時間の問題…と思われた瞬間、唐津周年優勝戦はコンマ02のF。罰則規定の強化により、今年1年間はG1戦を走れない。恐らくオールスターにはファン投票で選ばれるのは間違いないが、それ以外のSG戦出場は厳しく、今年の主戦場は一般戦。「最低でも6回は優勝して、来年のクラシックには出場したい」と本人も気持ちは切り替えている。
当地は年に1、2回ペースでの参戦だが、2012年4月にG3戦の新鋭リーグ戦で初優勝を飾った水面。当時はまだ伸びペラを使っていなかったが、6コースからコンマ03のスタートを決めてのまくり勝ちだった。前回は昨年1月の参戦で準優勝。それほど出場機会は多くないものの、当地では常に好走しているイメージがある。今回も文句なしのV候補。伸びが仕上がれば、誰も抵抗できないほどの強さを発揮する。

全国過去3節成績

開催期間 競走タイトル ボートレース場 節間成績
2024/02/05~2024/02/08 第8回阿波金剛ITソリューションカップ競走 鳴 門 61
2024/01/29~2024/02/02 スポーツニッポン杯争奪 伊丹市施行70周年記念競走 尼 崎 46234421
2024/01/16~2024/01/21 日刊スポーツウインターカップ 浜名湖 3311132152

下関過去3節成績

開催期間 競走タイトル 節間成績
2023/01/22~2023/01/29 サンケイスポーツ杯 準優進出バトル 45411153151
2022/03/26~2022/03/31 開設67周年記念GI競帝王決定戦 661466546
2021/11/16~2021/11/22 スポニチ金杯争奪戦 準優進出バトル 1111231615611

2024/02/10 現在のデータ

赤字は優勝戦